アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-内山九段クリニック-TEL:03-3511-1330

内山九段クリニック
TOPページ>金の糸治療について
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
金の糸治療術について
 
金の糸治療術について

私(内山)は形成美容外科医として約2年前から金の糸美容術を400例以上の方に行なってきました。金の糸美容術は、1969年フランスで始まり現在では欧州・アジアを中心に行なわれています。同術を行なった症例の経過を追っていきました処、花粉症やアレルギー性鼻炎が改善するのに気付きました。元々金は関節リウマチや気管支喘息に用いることは知られています。しかしこの場合、金化合物として注射(金リンゴ酸ナトリウム)や内服(オーラノフィン)での投与となり ます。有効であることは事実ですが 全身に分布した金化合物のうち金以外の成分が引き起こす副作用(悪心・嘔吐、肝・腎障害、肺線維症など)が問題となり第一選択とはなっていません。これに対して、純金を小さな粒状(金コロイド)にして筋体内に注射する治療が米国で既に行なわれています。コロイド金治療は純金のみですから金化合物のような副作用は起こりません。私は、自験例とコロイド金による治療の存在から金の糸も疾患治療に用いることが出来るのではないかと思い金の糸美容術の傍ら、アレルギー疾患を対象に治験(下記参照) を行なってきました。内訳は以下の通りですが、学術的確立は必須であり、症例をまとめた医学論文を執筆し4月に米国の医学雑誌に投稿しました。現在審査結果待ちです。

本サイトでは、「金の糸治療術がアレルギー疾患、特にアトピー性皮膚炎ににどのように作用しているのか」を述べたいと思いますが、かなり医学的に難しい内容になり兼ねませんので、初めにアレルギーの機序、アトピー性皮膚炎の機序についてお話いたします。

 
アトピー・金の糸治療術治験内容
 
対象
2006年1月から2006年11月までに金の糸を埋入した
症例28例 内1例は2疾患
性別・年齢
女性27例 男性1例 年齢27-68歳
疾患
アトピー性皮膚炎5例、アレルギー性皮膚炎6例、アレルギー性鼻炎6例、
花粉症11例
観察期間
術後4ヶ月から16ヶ月
方法
疾患
金糸埋入部位
アトピー性皮膚炎
症状のある部位に挿入
(アレルギー性、非アレルギー性)
接触皮膚炎
症状のある部位に挿入 
(例)化粧品負け,金属アレルギーなど
通年性アレルギー性鼻炎
顔全体の皮内または頬・鼻の皮内に埋入
花粉症(季節性アレルギー性鼻炎)
頬全体、または鼻の皮内に埋入
 
疾患
アトピ―性皮膚炎
アレルギ―
性皮膚炎
アレルギ―
性鼻炎
花粉症
症例数
顔・首1例
肘のみ3例
5例
5例
17例
判 定
臨床症状による判定
著効
4例
著効
3例
著効
1例
著効
12例
有効
-
有効
2例
有効
4例
有効
5例
 
やや有効
-
やや有効
-
やや有効
-
やや有効
-
 
無効
-
無効
-
無効
-
無効
-
判定基準
著効

痒み消失
薬物離脱
皮膚の改善

痒み消失
薬物離脱
皮膚の改善

症状消失
薬物離脱

症状発生せず
有効
痒み軽減
薬物離脱
皮膚の改善
痒み軽減
皮膚の改善
薬物離脱
症状ほぼ消失
薬物離脱
軽度の症状を有する薬物使用せず
やや有効
痒み消失
薬物継続
痒み消失
薬物継続
症状やや改善
薬物継続
症状やや改善
薬物使用せず
 
無効
  痒み不変
薬物継続
痒み不変
薬物継続
症状不変
薬物継続
症状不変
薬物継続