アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-九段ビューティークリニック-TEL:03-3511-1330

九段ビューティークリニック
TOPページ>院長紹介
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
院長のご紹介
 
院長プロフィール
 
内山九段クリニック院長  内山清貴
1987年 秋田大学医学部卒業
1987年 東京大学病院形成外科 入局
1988年 東京大学病院麻酔科 研修
1989年 竹田総合病院整形外科 勤務
1990年 静岡県立総合病院形成外科 勤務
1994年 国立がんセンター形成外科 勤務
2002年 神奈川クリニック 勤務
2003年 セントマーガレット病院副院長
2004年 渋谷ベル美容外科クリニック 開院
2006年 九段ビューティークリニック 開院
2008年 内山九段クリニックとして神田町に移転 
 
所属学会
日本形成外科学会(専門医)
日本美容外科学会(正会員)
国際美容外科学会
国際形成外科学会
日本抗加齢学会
日本頭頚部がん学会
日本癌治療学会
日本マイクロサージャリー学会
日本手の外科学会
日本コンピューターサイエンス学会
内山清貴
 
活動
学会発表多数
(シンポジスト、パネリスト)
英文和文論文
共同執筆
・家庭の医学(時事通信)
・家庭の安全・安心(時事通信)
 
 
プロフィール
 
私は昭和62年秋田大学を卒業しました。 学生時代の実習で、癌を切除した後失った 組織を創る手術(再建術といい、代表的なもの に乳房や舌、喉、顔、指などの再建があります。 非常に高度な技術と患者さんを総合的に把握するこ とが求められます。)を見て大きな驚きと感動を覚え、 その分野に進む決心をしました。再建術は形成外科の 一分野ですが当時は日本でも少なく、東京大学形成外科 が我が国だけでなく世界的にも中心的存在でした。 東大形成外科入局後は麻酔科や外科など全身管理を学び、 4年目から本格的に形成外科を学び始めました。形成外科は 先に述べましたように失ったものを創ることも大きな分野で すが、それだけではなく、先天奇形(口や耳、指趾の変形・ その他)、外傷(火傷、顔面の傷・骨折、手の外傷)や傷跡 、腫瘍(皮膚や皮下組織の良性・悪性腫瘍など)、美容外科を扱う 外科です。私は子ども専門の病院で先天奇形を、大学病院・ 一般病院で外傷や傷跡の治療、並びに腫瘍に対する治療を学び、 その後再建術を国立がんセンターで長年学びました。再建外科 に携わった後、美容を一から学び昨年までは渋谷で診療を行っ ていました。前施設では金の糸美容術を中心とした診療をしてい ましたが、今回も同術を主体とした医療を行っています。