アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-内山九段クリニック-TEL:03-3511-1330

内山九段クリニック
TOPページ>アトピー治療症例6
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
アトピー症例5
症例6
アレルギー性鼻炎治療例6
 
【症例】 57歳 女性
【診断】 アレルギー性鼻炎
【既往歴】 小児喘息
【家族歴】 特記すべき事なし
【現病歴】 2000年から鼻閉、鼻汁、くしゃみなどの症状が出現した。 耳鼻科受診し、アレルギー性鼻炎の診断を受けた。 しばらく通院するも症状の改善乏しいため、途中で通院中止。 その後、症状は徐々に増悪していった。
2006年1月当院を受診した。
【初診時所見】 鼻粘膜の蒼白、鼻汁(+++) くしゃみ(++) 鼻閉(++)  鼻腔縁にびらん
【血液検査所見】 白血球:5000 好酸球:5,2%(正常値2%以下) IgE127(正常値170以下)
【治療内容】 2006年1月8日 金の糸約0.5mを局麻下に鼻と鼻周囲に埋入した。
【術後経過】 下図はご本人が術後3ヶ月の経過をまとめたグラフを、戴いたものです。
 
 
【コメント(内山)】 通年性のアレルギー性鼻炎で、受診時は鼻汁のためティッシュ2箱/日 を使うほどでした。上図は患者さん自身が術後経過の日記をグラフ化し たものですが、症例1と同様、術前の症状を100とし、術後は症状の程度を自己評価で数字化して頂きました。結果は上記の如くで、翌日から 症状がかなり軽減しています。これは本症例に限ってのことではなく、およそ半数に見られます。鼻汁は、ティッシュの消費量で評価していますので、他の症状より客観的に評価できています。
 
アトピー性皮膚炎とは違い、現在当院では鼻粘膜所見を画像に残すことが出来ませんので、どうしても客観性に欠けてしまうのがこの治験の問題点です。今後は耳鼻科医の協力を得て、より客観性の高いデータを蓄積したいと思っています。