アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-内山九段クリニック-TEL:03-3511-1330

内山九段クリニック
TOPページ>アトピー治療症例11
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
アトピー症例10
症例11
アトピー治療の症例11
 
【アトピー性皮膚炎治療例】
 
【症例】
35歳 女性
【診断】
アトピー性皮膚炎
【既往歴】
アレルギー性鼻炎
【家族歴】
特記すべき事なし
【現病歴】
高校時に発症し、ステロイド外用剤を中心とした治療を行っていた。
23歳時、脱ステロイドに踏み切り、その後転地療養や漢方療法を行ったが、皮膚炎は消長を繰り返した。
2007年12月当院を受診した。
【初診時所見】
乾燥した皮膚であったが、皮膚炎は殆ど認めなかった。
【血液検査所見】
 
【治療内容】
毎年1月頃から顔・首が増悪するとのことで、予防的に首に金糸を埋入した。
【術後経過】
 術後経過は順調で、冬季の増悪は極軽度に治まり、術前出来なかったマフラーの着用も可能であった。

首の経過が良好であったので、2008年7月手指に金糸治療を追加した。
ご本人が、金糸治療術のブログ http://ameblo.jp/ryoukana
お書きになっています。
患者さん自身の言葉は、参考になると思います。ご参照ください。
 
【治療前】2007年12月
皮膚は乾燥していますが、炎症は認めていません。
毎年1月に増悪するとのことで、予防的に首前面に金糸を埋入しました。
治療前
【治療後】2008年12月
治療後1年経過した状態です。
例年増悪した首も、前冬季(2008年1-3月)は極軽度でした。
治療前に見られた皮膚の乾燥も、改善しています。
治療後
 

右手 【治療前】2008年7月
首の経過が順調でしたので、通年患っている手指に金糸治療を行いました。
治療前
【治療後】2008年12月
術後5ヶ月目ですが、手湿疹はほぼ改善しています。
ご本人曰く、
「手湿疹になってから、保湿剤と漢方外用剤を使っていたが
なかなか治らなかった。ここまで改善したのは今回が初めてである。」
とのことです。
治療後

右母指 【治療前】2008年7月
治療前
【治療後】2008年12月
皮膚炎はほぼ治まっています。
また健常部の皮膚も、シワなどが薄くなっています。
治療後

【治療前】2008年7月
治療前
治療後

【治療前】2008年7月
治療後
【治療後】2008年12月
治療後

右環指 【治療前】
2008年7月
 
【治療後】
2008年12月
下写真のようなひび割れはアトピー性皮膚炎でなくてもしばしば見られます。
これは炊事などで皮脂が欠乏し、保湿性が低下するからです。
  母指部同様、完治しています。
【コメント(内山)】
アトピー性皮膚炎のため、転居までされて闘病されていらっしゃる患者さんです。現在まで、温泉療法、水療法(アトピー性皮膚炎に良いとされる水を飲水・使用)と、漢方療法を中心に治療を行ってきました。
元々顔が一番気になるとのことでしたが、熟慮の末、首・手と金糸治療を行いました。経過順調なので、今 後顔に金糸治療を行う予定です。
金糸治療に関心あるものの、「不安や懐疑心」などから躊躇する患者さんも少なくないと思います。
そのような方へも、是非ともテストを検討していただければと思います。