アトピー/アトピー性皮膚炎でお悩みのみなさま是非お問い合わせ下さい。-内山九段クリニック-TEL:03-3511-1330

内山九段クリニック
TOPページ>アレルギーとは
メニュー
メニュー
金の糸治療術
免疫とアレルギー疾患
アレルギーとは
アトピー性皮膚炎とは
アトピーが治り難い理由
理由1
理由2
理由3
アトピー性皮膚炎治療
治療1
治療2
治療3
金の糸治療術とアトピー
治療症例
治療料金
アトピー治療質問
アクセスマップ
院長の紹介
お問合せ
アトピー用語集
参考文献
トップページ
アレルギーとは
 
アレルギーとは?
 
アレルギーの語源は1906年Clemens Freiher von Pirquetが論文の中で述べた「allergie allergy」という言葉が最初です。過敏症をギリシャ語のallos(変じた) とergo(作用 )から「変じた作用」という意味で命名しています。前頁で私は「非自己に対して過剰に反応してしまうのがアレルギー」と述べましたが,現在アレルギーは「免疫反応に基づく生体に対する全身的または局所的な障害」と定義されています。 アレルギー反応が起こるためには、その原因となる非自己に対し免疫を獲得することが前提となります。ですから初めて非自己に接触する場合は起きません。また非自己と接触したからといって、必ずしも免疫を獲 得するとは限りません。スギ花粉に長年吸い込んでいても症状が出ない人は、スギ花粉に対し免疫を獲得していないのです。 しかし、何かのきっかけで免疫を獲得しIgE抗体が作られたなら、その後スギ花粉が鼻粘膜から侵入した際、花粉症の症状が出ます。 「免疫を獲得する=非自己に対する特別な防御機構が出来上がる。」ことは、本来私達の身体にとって都合の良いことなのですが、アレルギー反応はその防御反応の最中、身体にとって好ましくないこと(=傷害)が起きてしまいます。アレルギーは一般に4 つの型に分類され、抗体が関与するT、U、V型と感作リンパ球が関与するW型があります。
 
アレルギーの分類
 
タイプ
別名
免疫
抗原
化学物質
疾患
T型
アナフィラキシー型
即時型
IgE
ハウスダスト,
ダニ,
花粉,
カビ,
薬剤食物,
ヒスタミン,
ロイコトリエン
アレルギー性鼻炎,
花粉症,
気管支喘息,
蕁麻疹,
アナフィラキシーショック,
アトピー性皮膚炎など
U型
細胞障害型
細胞融解型
IgG,
IgM
薬剤、
自己の細胞膜
補体
間違った輸血,
溶血性貧血,
血小板減少症など
V型
免疫複合型
Arthus型
IgG,
IgM
細菌、
薬剤,
自己のDNA
補体
関節リウマチ,
全身性,
エリテマトーシス,
糸球体腎炎など
W型
遅延型
ツベルクリン型
細胞性免疫
キラー
T細胞
細菌,
カビ,

その他種々
リンホカインIL-2
接触皮膚炎(かぶれ),
移植拒絶反応,
アトピー性皮膚炎など
 
4種類のアレルギーがありますが、どこが身体にとって好ましくないのでしょうか?
大雑把に言えば、化学伝達物質による炎症などが その大もとです。化学伝達物質は実に様々な種類が あって、肥満細胞の放出するヒスタミンや、リンパ球のサイトカイン・リンホカインなどが代表的です。これが自己の組織を傷害したり、神経を刺激します。 ウイルスや細菌等の病原体、薬剤は身体に対し毒性を持っていますが、本来ハウスダスト、花粉などは殆ど毒性を持っていません。 それなのに痒みや炎症などが生じるのは抗原自体の作用ではなく自分の身体が持つ化学伝達物質が主な原因です。アレルギーは万人に起きることではなく、そのような状態になってしまう体質が原因とされています。本サイトでは、アトピー性皮膚炎を中心としたアレルギーの説明をしますのでT型、W型の話に限定します。
 
T型アレルギー
 
アナフィラキシー型、即時型アレルギーとも言われています。このアレルギーの特徴はIgEという抗体と肥満細胞(マスト細胞)が身体に都合の悪いことを起こしている点です。肥満細胞は骨髄で作られた後、通常皮膚や粘膜に存在しています。ヒスタミンという名の化学伝達物質を細胞内に蓄えています。
IgE抗体は単独で血中を流れていますが、肥満細胞と非常にいい相性を持つので、一部は肥満細胞と結合した形で存在します。抗原が再侵入してくると、その抗原に特異的な存在であるIgE抗体が速やかに結合します。 そのIgE抗体の先にある肥満細胞が刺激を受けてヒスタミンを放出するのが、T型アレルギーの機序です。 ヒスタミンは、
@血管拡張作用
A気管支平滑筋収縮作用
B血管透過性亢進作用
C痒み惹起作用
D中枢系では神経伝達作用
などの生理作用を持っているので痒みや浮腫、呼吸苦などの症状が出ます。 IgE抗体や肥満細胞は皮膚・粘膜に存在しているので、抗原侵入の際は速やかに反応します。このため、T型アレルギーを即時型とも言います。
T型アレルギー
 
W型アレルギー
 
T型が抗体を介しての免疫反応であるのに対し、W型はリンパ球が主体となる反応です。抗原が再び入ってくると、Tリンパ球に情報が伝わり、殺傷力の強いキラーTリンパ球に変わりますが、一度経験があるのでその数は初回よりずっと多くなります。キラーTリンパ球は種々の化学伝達物質を放出しますが、この物質が自分の組織に傷害を与えてしまいます。
W型アレルギー