内山九段クリニック    東京都千代田区神田神保町3-10-10 大行ビル4F


TEL: 03-3511-1330




美容一般
金の糸
アトピー性皮膚炎
メンズ脱毛
美容一般
美容一般

目の下のタルミとほうれい線
上眼瞼上眼瞼下眼瞼鼻唇溝口角 輪郭
シミホクロ




顔下半分の悩み
下まぶた
ポイントG ほうれい線の治療  簡単な方法はヒアルロン酸・コラーゲン。 本格的な方法は脂肪注入、 フェイスリフト(しかし、鼻の横は軽度改善に留まる)。 金の糸は、シワには良いが タルミの改善は軽微である。

ほうれい線 各治療



何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?




何をしたのでしょうか?



A . ヒアルロン酸・コラーゲン

ほうれい線にヒアルロン酸・コラーゲン注射はとても良い方法です。




しかしタルミには、面として注入するため、他の部位より量を要します。



出来るだけ少ない量で、効率よく注入するには、
口の中から打つと良い結果が得られます。
また、硬いヒアルロン酸やコラーゲンなら半年〜一年持続します。

ヒアルロン酸名 1本の費用 1本の量 1回の
持続時間
1本で
打てる回数
1本での
持続時間

ピュラジェン

73500円 1ml  6〜10ヶ月 1〜2回 6〜20ヶ月

テオズィアル27


63000円 1ml  6〜10ヶ月 1〜2回 6〜20ヶ月

エボレンス
(コラーゲン)
94500円 1ml 6〜12ヶ月 1〜2回 2〜24ヶ月


当院では注射剤の(複数人に対する)使い回しを避けるため、
1本単位での買い取り制にしています。

ヒアルロン酸



術 前




4ヵ月後

本症例にはピュラジェン1本(1ml、73500円)ご購入頂きました。
小鼻の脇・ほうれい線・口角に、口の中から注入し、
注入量は両側で0.5mlでした。

吸収されたら、もう一回同じ注入が可能です。


ヒアルロン酸



術 前




4ヵ月後


コラーゲン



術 前



注入2ヶ月後



注入前


注入2ヶ月後
本症例に用いたコラーゲンはエボレンスといいます。
持ちが長いのが特徴です。



ヒアルロン酸
:42000〜73500円

コラーゲン
:94500円



お試しヒアルロン酸

どのように改善するか、不安を持たれる方へ

特に目の下は、材料や手技が不適切だと凹凸が出来やすく、
いずれ元に戻ると言っても最低数ヶ月掛かりますから、
受けるにあたって慎重になるのは当然でしょう。
当院では、ヒアルロン酸注射の使い回しを避けるため、
注射一本毎の購入を原則としていますので、費用も最低42000円します。
 
この不安や懸念も解消するために、薄いヒアルロン酸を注射する事も行っています。
濃度が薄いので2〜3週で元に戻ります。使用量は最大2,5mlですので、
目の下に限らず、かなりの部分を試すことが出来ます。



・お試しヒアルロン酸(日本製) 
1本 2,5ml 8400円





B.脂肪注入

ヒアルロン酸、コラーゲン注は、どうしても吸収されてしまいます。
これを解決する方法の一つに脂肪注入があります。
自分の脂肪をあごや下腹部から採取して、気になるところに注入します。
一般に、一度の注入で、30〜50%の脂肪が生着します。
少し多めに注入すれば、回数も少なくすみます。

脂肪注入
一部位:84000円
二部位:126000円



    


C . 金の糸美容術


金の糸美容術は主に美肌を目的としており、強い形の改善は期待できませんが、
軽微な変化ならこの方法でも可能です。タルミは皮膚だけでなく、脂肪や筋肉の
衰えも関与しているので、皮膚のみの改善ではおのずと限界があります。


金の糸


術 前




このような改善を得るのは二人に一人の割合です。
全ての症例に同じ変化をきたすとは言えません。


金の糸


術 前




術後18ヶ月目

法令線の”シワ”は、よくなりますが、
タルミを改善することは難しいでしょう。



金の糸 
頬部分挿入:25〜50万円




                                                  


D . フェイスリフト
(口元・輪郭の改善>ほうれい線の改善)


フェイスリフトは規模の大きい手術です。
耳の前から髪の毛の中まで切って、引っ張りあげます。
フェイスリフトは、落ちてきた輪郭を改善するのに最も力を発揮します。
ほうれい線の改善が強く得られると思われがちですが、実際はそれほどではありません。

フェイスリフト



術 前




翌 日
引っ張っているので皮膚の緊張が高まり、

腫れは、左程強くありません





術後3ヶ月目

小鼻の横のほうれい線は、改善していますが軽度です。
(翌日の写真と比べると、ほうれい線が少し戻っているのがわかります。)
フェイスリフトは、輪郭・あごのラインの改善がメインとなる術式です。


フェイスリフトのシュミレーション



鏡を見て、指で耳のすぐ前(赤丸)
頭皮に向かって(青矢印)上げてみて下さい。
これがフェイスリフトで得られる効果です。
輪郭や口元は引っ張られますが、
小鼻の横のほうれい線はあまり動きません。
        偽ミニリフトと真ミニリフト
時々、左図のような切開で、耳の前をつまんで取っただけの手術を受けられた患者さんが、来院されます。話を聞きますと、「"ミニリフト"と言われて受けた。すぐに手術が終わり、傷も短く、痛み、腫れも殆どなかったで楽だったが、その代わり顔の改善もあっという間に戻り、傷だけが目立つ(時に、耳も変形する)」と聞かされます。
来院目的は、この傷と変形した耳の修正ですが、フェイスリフトを説明をすると、同時に行うこともあります。
この左の手術は、リフトとは呼べません。
前述のように施設によってはミニリフトと称することがあるようですが、
横方法に少し引っ張っただけですから、”リフト”とは言えないでしょう。
また皮下剥離もせず、縫い縮めただけですから、術後は傷に開こうとする力が加わるので、目立ってきます。場合によっては、耳も引っ張られて変形してしまいます。

実際のミニリフトは、切る長さと剥離範囲が通常より小さい術式で、耳の前の皮膚を取るだけの手術ではありません。総論でも述べましたが、”切る”のであれば、それに値する結果を得るべきです。



フェイスリフト 735000円

フェイスリフト + あご脂肪吸引ほうれい線脂肪注入

S
術 前

輪郭・あごのラインを改善する目的で
フェイスリフト + あご脂肪吸引


ほうれい線改善目的で

あごから採った脂肪を注入しました。





術後3ヶ月目


フェイスリフト 735000円
脂肪吸引 105000円
脂肪注入 84000円



    


E . 最も安価な方法
(レーザーフェイシャル+プラセンタ)



レーザーフェイシャル+プラセンタ


術 前




5 回 後


シミの軽度改善
法令線・口角の軽度改善




最も費用の安く済む方法は
レーザーフェイシャル 
または
レーザーフェイシャル+プラセンタ 
です。
レーザーフェイシャルは、劣った肌を活性させます。
プラセンタは胎盤由来のエキスで、肌の若返りをもたらします。

このプラセンタとレーザーの併用は、予想以上に効果的で、
当院で継続されている症例も相当数いらっしゃいます。



レーザーフェイシャルは、
比較的弱いレーザーを顔全体、あるいは改善させたい部分に当てる治療です。

プラセンタを併用した方が、成績が上がります。
治療は3〜4週毎に行い、5回が目安ですが、法令線の場合は
5〜10回が良いでしょう。
その後は、維持として3−4ヶ月毎に行うのが良いでしょう。



プラセンタは、肩や殿部に注射するのが一般ですが、局所の改善を向上させるため、
局所(ほうれい線・口角)に注射することも行っています。



長 所

1 安価である。
一回の費用が
3000円(部分的レーザーフェイシャルのみ)〜10500(顔全体)円 
これを5回行います。プラセンタを加える場合、1本1200円です。



2 ダウンタイムが非常に短
初回ならば、治療後気になる時間は30分くらいでしょう。
回数が増すと、レーザーのパワーも上がるため、数時間の赤みが出ます。


3 シミの改善、産毛の脱毛効果が得られる
レーザーもプラセンタも美白作用がありますので、シミなどが薄くなってきます。
また口周りや眉毛周囲のムダ毛も脱毛できます。


短 所

1 形の改善度は軽微である。
チリメンジワなどは改善しますが、深いシワは薄くなるだけです。



2 継続が必要
ヒアルロン酸も継続が必要ですが、本治療も一年に数回加えたほうが良いでしょう。


レーザーフェイシャル:
5250(ホホ)〜10500(全体)円/回

プラセンタ注射:1200円/本
 : 4本で4800円



    


F.スレッドリフト

スレッドリフトとは、(スレッド=)糸によるリフトのことです。
代表的なものにアプトスリフトがありますが、毛羽立った構造を持ち、
これが組織を引っ掛けて、牽引します。
金の糸美容術もゴールデン、あるいはゴールドスレッドリフトと称されることがありますが、
金の糸には物理的に引っ張る力はありません。
ゴールデンスレッドリフトと言う名称には、誤解を招きかねないリスクがあります。
アプトス以外にも様々なスレッドリフトがありますが、私は積極的には行っておりません。
なかなか良い成績が得られないからです。スレッドリフトの目的は、
十分にタルミが解消し、持続することですが、特に後者=持続性に難ありが現状です。
この理由として
@ 術者の力量不足
A 術式そのものの問題
が考えられますが、私にとっては2つとも当てはまります。
   @に関して
5年以上前のことですが、韓国にアプトスの名人がいるとのことで、見学に行きました。
当時我が国では、ホホに糸を3本、口角に2本使用するのが標準でした。
しかし満足できる成績が得られない、そこで韓国の医師に詳しく教わりましたが、
ホホに10本、口角に6本使用すべきと言われました。
それだけ使わないと満足できる結果を得られないとの説明でした。
   Aに関して
最初に有名となった術式は、ロシアンリフトです。
ロシアンリフトが登場して10近く年経ちますが、
今まで数多くのスレッドリフトが世に出てきました。
これが意味するところは、現存する術式では、まだ改善する点が多いということです。
また次々と登場した術式で、今も続けて行われているものはわずかです。
外野から見ており、好き勝手なことを言っていますが、
もしかしたら糸で挙上する発想自体に問題があるのかもしれません。
とは言うものの、法令線やホホのタルミは、多くの女性にとって気になることろですし、
根本的治療である中顔面リフト(フェイスリフトとは異なります)は
かなり難しく侵襲の高い術式ですので、
安定した成績を得られるスレッドリフトの登場を、願っています。


ポイントH ホホのたるみ(中顔面)、ほうれい線は フェイスリフトでは思ったほど良くならない。 スレッドリフトは、持続時間が意外と短い。




| 総 論 | 上まぶた | 下まぶた | ほうれい線 | 口角・輪郭 | シ ミ | ホクロポイント | 費 用
東京都千代田区神田神保町3-10-10 大行ビル4F 
TEL:03-3511-1330 FAX:03-3511-1311 まずはご連絡下さい。

Copyright(C)uchiyama kudan clinic. All Rights Reserved